前へ
次へ

寝ている間に人がかく汗はペットボトル1本分?

消費者運動とは、消費者自らの権利を守るために行う運動のことを言います。消費者運動が目指す具体的なものとして、商品の品質の向上や商品価格の安定などが挙げられます。古くは18世紀末の労働革命に端を発する労働運動にまで遡ると言われています。日本においては、1960年代の高度経済成長の時期に消費者を守るための法律である消費者保護基本法が制定されました。1990年代後半になると、消費者金融業の台頭によって借金の問題が顕著に出始めます。自己破産申し立て件数が急激に増加したことにより、2000年代に入って出資法と貸金業法の抜本的な改正が実施されました。あらゆる金融商品から消費者を守るために、2009年には消費者庁が作られました。

top用置換

top用置換2
Page Top